file000701156430 ルワンダは1994年に起きた虐殺事件がよく知られています。「ホテル・ルワンダ」「ルワンダの涙」はルワンダの虐殺事件を描いた映画として有名です。この事件について語られてきた典型的なストーリーは「独立後、植民地時代に支配的地位を与えられていたツチ族と代わって権力を得たフツ族の対立が激化→一旦は和平協定が結ばれる→しかし何者かによりフツ族大統領が乗る飛行機が撃墜され大統領死亡→フツ族はこれをツチ族によるものとして報復として虐殺を実行→国際社会は見てみぬふり→100万人が亡くなったといわれるが、ツチ族系のルワンダ愛国戦線(RPF)が首都を奪還し事態は収拾→ルワンダ国際戦犯法廷が開かれる」といったものです。
  しかし、2014年にBBCが放映したドキュメンタリー番組「ルワンダの語られざる物語」では実際に起こったことは違うという見方を示しました。

▼BBCドキュメンタリーの認識▼
①フツ族大統領機撃墜はRPFによる犯行である。
   根拠:当時のフランスの調査
②RPFは虐殺を止めたわけではなく、首都へ進攻中に逆にフツ族を虐殺して回った。
   根拠:アメリカ人研究者アラン・スタム氏らによる臨地調査
        調査によれば虐殺された人々の内訳はツチ族20万人、フツ族80万人。
③RPFが政権を取ったあとも民主主義は定着しておらずカガミ大統領による独裁である。
   根拠:RPF元幹部らキーパーソンの証言
       証言によれば選挙の結果は操作されており、敵対する人物の暗殺も行っている。


 このドキュメンタリーに対してはルワンダ政府から非難され、ルワンダ政府は国内でのBBCでの放映を停止した。(http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102501001065.html