file9691241993471

 日経ビジネスオンラインより、アフリカ進出拠点としてのルワンダの優位性に関し記事が出ていましたので紹介します(⌒-⌒)
 筆者の方は外資系コンサルティング出身で現在は主としてアフリカ進出に関するコンサルティングを行う会社の代表取締役をされている方で、駐日ルワンダ大使館・JETROの後援を受けルワンダビジネスセミナーを開催されています。
 ルワンダ一国のみならず、アフリカ全体に対する理解が進む必読の達見です。

▼ポイント要約▼
①試験マーケティングのための市場として最適
  ・東アフリカ共同体諸国、サブサハラアフリカ上部の国々と市場環境が相似している。
②地域統括拠点として最適
  ・帰還した離散民を通じた人脈構築が期待できる。
  ・4時間フライト圏内に1兆5千億ドル市場、陸上交通整備も進む。
  ・開放的なビジネス環境と安定した治安がある。

原文
堤夏七子 (2014) 「アフリカ市場の橋頭堡・ルワンダ~虐殺から20年 4時間フライト圏内に1兆5000億ドル市  ルワンダは東アフリカの縮図」 『日経ビジネスオンライン』 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141217/275291/