アフリカまとめ

アフリカニュース、アフリカ経済、アフリカ政治、アフリカ文化、海外ビジネス、開発経済、国際政治などについて記事を書いています。不完全な記事も多く個人的スクラップのようなものが多いですが何かの役に立てば幸いです。

スワヒリ詩

スワヒリ文学の中でもスワヒリ詩について。


I. トパン(Topan)(1974)による分類                                     
i) 詩(mashairi)

同じ音数(ふつう16音以内)によりなるいくつかの行(ふつう6つ以内)からなる句を組み合わせることで作られる。もっとも一般的で人気のある詩形であり、スワヒリ語の新聞やタンザニアやケニアのラジオ番組でよく紹介される。

ii) 歌(nyimbo za kienyeji)

土着の歌で、婚礼・割礼の儀式などの伝統的な慣習とともに詠われる。

iii) 現代歌
1920年代以降のインド洋沿岸地域の大衆娯楽文化として発展したとみられ、多様な形式をとり社会的・政治的なメッセージを含む歌。

iv) 現代詩(mashakiri ya kisasa
英語詞の影響を受けて20世紀後半になって出現した詩。主に若者によって作られ、社会への適応・社会規範と自己の信念との間での葛藤などの現代的な主題が扱われた。伝統的な詩と違い特に韻律の制限はなく、伝統的な詩が重要な主題を最初に不変のものとして提示しそれにこたえていく形で詩を展開するのに対し、現代詩は順を追って主題を説明していく。右のような違いのため少なくとも1970年代の時点では「非スワヒリのもの」として批判されていたが、現在における評価は要調査。


<参考>
Farouk M. Topan (1974). Modern Swahili poetry. Bulletin of the School of Oriental and African Studies, 37, pp 175-18

スワヒリ語

東アフリカ地域のタンザニア・ケニア・ウガンダ・コンゴなどで共通語の役割を果たす言語。

I. 歴史                                  
古代から季節風を利用して行われ発展してきたインド洋貿易を通して東アフリカ沿岸にアラブ人が多数移住していたため、現地女性と単身出来たアラブ商人との通婚等を通して現地のバンツー人の文化とアラブ文化が融合した文化ができた。本来はアラブ・イスラム色の強い文化であったが、言語としてのスワヒリ語は19世紀後半にアラビア文字ではなくローマ字で表されるようになり文化的に中性になっていった。そのためキリスト教徒を含む多くの東アフリカにすむ人々に使用されるようになり、現在のような東アフリカの共通語としての地位を確立するに至った。


<参考>
宮本正興・松田基二 (1997) 『新書アフリカ史』 講談社現代文庫 P.244-288

アフリカ文学

アフリカ大陸に分布する、各民族に固有の文学がある。しかしながらそのほとんどは口承文学であり文字により著された記載文学になっていない。口承文学の一部は研究者により文字におこされているが口承文学はそのリズムや韻なども大きな要素であり起こされた文字だけを見て口承文学を完全に理解することはできない。
近代になってからはアフリカ人作家によるヨーロッパ言語小説が生まれたり、現地語による記載文学もあらわされるようになってきている。
描かれるテーマをあえて一般化するならば、伝統的口承文学において民族の歴史や行動規範・価値体系を物語を通して表現するものがよくみられ、近代以降の文学では独立闘争や近代化・西洋化を取り扱ったものが多い。


【アフリカ文学分類(一部の認知度の高いもの)】
I. 現地語文学

i) 東アフリカ
エチオピア文学
カメルーン語文学
キクユ文学(ケニヤ)
スワヒリ文学(東アフリカ)
ソマリ文学(ソマリア周辺)

ii) 西アフリカ
アシャンティ文学(ガーナ)
イグボ文学(ナイジェリア)
ハウサ文学(ナイジェリア)
ヨルバ文学(ナイジェリア)

iii) 南部アフリカ
コーサ文学(南アフリカケープ州)
ショナ文学(ジンバブエ)
南ソト文学(南アフリカ)
ズールー文学(南アフリカナタール州)


II. ヨーロッパ言語文学
i) 英語
ii) アフリカーナー語
iii) 仏語
iv) 独語



<参考>
Encyclopedia Britannica. African Literature.
http://www.britannica.com/EBchecked/topic/8275/African-literature